Tel / 098-985-2326

米島酒造

お知らせ

2021-06-27 17:50:00
『美ら蛍×アヒージョ』

こんにちは!

沖縄県は緊急事態宣言が延長し、これとなく寂しい状態が続いております。

コロナ前の賑やかさがとても懐かしく感じます。

少しでも早くあの頃に戻って欲しいですね。

つきましては、お家呑みを少しでも盛り上げられるように、

今後もお酒と料理の投稿をしていきたいと思っています😊

また、皆さんが思う良いお酒と料理の組み合わせ等もありましたら、ぜひ教えてください!

現在、以下のURLにて米島酒造オンライン限定商品をお気軽にご注文できます
😎

https://yonesima.easy-myshop.jp

数量限定の商品もござますので、お早めにどうぞ!


2021-06-19 09:43:00
『父の日』

日頃の感謝を込めて

そろそろ父の日(20日)がやってきますね!

コロナによる自粛で、今までの日常がいかに幸せなものなのか実感させられます。

感謝の気持ちは、伝えられるうちに伝えておきましょう
😊

現在、以下のURLにて米島酒造オンライン限定商品をお気軽にご注文できます😎

https://yonesima.easy-myshop.jp

数量限定の商品もござますので、お早めにどうぞ!



2021-06-12 17:43:00
『久米島の自然』

本日は、米島酒造の酒造りには欠かせない久米島の豊かな自然の写真です!

写真の場所は、以前もご紹介した白瀬川です。

季節になると、色々な種類の渡鳥がやってくるため、

ゆったりとその囀りを聴いているだけでも心休まるスポットです。

このような自然に恵まれた環境で酒造りができるのは本当に幸いです。

現在、以下のURLにて米島酒造オンライン限定商品をお気軽にご注文できます
😎

https://yonesima.easy-myshop.jp

数量限定の商品もござますので、お早めにどうぞ!


2021-06-06 14:36:00

東京ウイスキー&スピリッツ コンペティション2021 焼酎部門で

『刻楽』が金賞を受賞しました。

刻樂瓶.jpg

 

 

刻樂伊万里.jpg

米島酒造の銘柄である、

『刻楽』が金賞、『尚YONESHIMA』が銀賞を受賞いたしました。

このような品評会で、賞を頂くのはとても嬉しい限りです。

今回、刻楽は尚YONESHIMAと同様の規格の瓶に瓶詰めしたものとなっております。


実は、本来の『刻楽』は伊万里焼の陶器に瓶詰めしております。

陶器の栓にコルクを使用することで、コルクの香りも付与され、

酒質に良い効果をもたらしています。

今回出品した刻楽は、伊万里焼『刻楽』を購入した方のみが、

詰め替え用として購入することができます。

瓶から陶器に詰め替えして、香りや風味が変化して行く様子を楽しむことができます。

現在、以下のURLにて、
今回受賞した『刻楽』や『尚YONESHIMA』など

米島酒造の商品をお気軽にご注文できます😎

https://yonesima.easy-myshop.jp

数量限定の商品もござますので、お早めにどうぞ!

〜概要〜

「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション」(主催・TWSC 実行委員会)は、

日本初のウイスキー&スピリッツ の品評会です。

2 回目となった昨年からは焼酎部門を新設し、今年は日本全国から 255 点の出品がありました。

銘柄 を伏せて鑑定する厳正な審査(ブラインドテイスティング)で、

最高金賞 17 点をはじめ、金賞 64 点、銀賞 100 点、銅 賞 40 点を決定しました。

焼酎は日本を代表するスピリッツです。

焼酎の海外市場進出の後押しとなるよう、洋酒の専門 家を交えて審査をしました。

(https://tokyowhiskyspiritscompetition.jp/2019/wp-content/themes/compe/img/winners/2021/twsc2021_result_outline_shochu.pdf
より)


2021-06-02 10:21:00
『緊急時こそ、腕の見せ所』

これは米島酒造二代目である田場庄次郎のエピソードです。

 

米島酒造四代目である田場俊之(現社長)が20代の頃、

技術継承のため、二代目が酒造りの技術を学んでいた時でした。

 

二代目は自分から教えを説いてくれるような人ではなく、

見て感じて覚えれというタイプの職人でした。

 

その時、酒造りで一つ印象に残っていたのが

『いつもの環境で手順通り酒造りができるのは普通だが

 緊急事態が起きた時に対応できるのが職人の腕の見せどころ』

と言っていたことだそうです。

 

良きものを追い求める際、いつも自分が望む環境が揃うとは限らない。

故に、どんなに劣悪な環境でもその環境に適応し、最善を尽くすことができる者であれ。

一度、米島酒造が酒質を壊してしまい評判の落ちた頃がありました。

しかし、二代目はどんな環境に追い詰められても屈せず、

ひたすら信頼を取り戻すため酒造りを追究しました。

 

また、普段は大人しく優しい性格の二代目でしたが、

酒造りになると、とても厳しくなりました。

それも過去の経験を全力で伝えたい気持ちが強く現れてたのだと四代目は感じたそうです。

 

この言葉に、二代目が人生を通して得た教訓が込めていたのかもしれませんね!

 

現在、コロナによる落ち込みで策を考えていると四代目がこのエピソードを

思い出したそうです。

この言葉は、造りだけでなく経営にも当てはまります。

天国の二代目が安心できるよう、一層やる気がでた四代目でした😊

現在、以下のURLにて米島酒造オンライン限定商品をお気軽にご注文できます😎

https://yonesima.easy-myshop.jp

数量限定の商品もござますので、お早めにどうぞ!


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...
 TOPへ戻る